不登校ララバイ

小3ガール学校行かなくなるの巻

とうとうこの日が来た

 

とうとう

 

放課後登校にも終止符を打つときが来た。

 

 

いつか学校に行く日が来るかなと。

友達とは遊びたいと言っていたからいつか戻るかなと。

 

そのときの為に放課後登校にして学校と細く繋がっていたけど、、

 

銀ちゃんに限界がきてしまいました。

 

確かに最近は、ちょっとでも学校に行くのも苦痛、宿題をやるのも苦痛と訴えてきていました。

 

それでも、まだ行けるかな~と思って一緒に学校へ行っていたのですが、

 

昨夜、急に泣き出して

「何もかも嫌だ!学校嫌だ!」と。

狂いだした💦

 

今までにない反応だったから

これはもう無理だなと。

しばらく学校から離れて様子を見よう。

と決心し、

 

今日の放課後、私一人で学校へ行き、担任の先生にその旨を伝えました。

先生も理解してくださり、

毎日銀ちゃんと交換日記をしてくれていたノートを銀ちゃんの代わりに受け取りました。

 

交換日記を読み返すと、いつも銀ちゃんの様子を気にかけてくれていたんだなと改めて実感。

 

例えば、

 

勉強のほうはどうですか?

つらくなってきていませんか?

という先生の問いに

 

つらいに◯をつけ、

その理由が

『やるのが楽しくない』

と正直に綴る銀ちゃん(-_-;)

 

f:id:sweet527:20170622214404j:image

 

 

本当に一生懸命色々してくれて、

こんな良い先生に出会えて私も銀ちゃんも幸せです。

(銀ちゃんも 先生は好きと言っていたし)

 

銀ちゃんを一緒に車から引きずり下ろすという作業が一番最初の出会いで(笑)

それから約2ヶ月半。

放課後、先生と会って学校のことから

お互いの私生活のことなど、

お喋りするのも

私は楽しかったんだけどな~

 

 

仕方ない。

嫌なものはイヤ❗なのだから。

 

 

今回の出来事で色々経験して、

私も学校好きじゃなかったけど、

ちょっと好きになりました。

 

 

さて、今度はどんな生活にしていこうか。

銀ちゃんと話し合いながら、

また前に進んでいこうと思います。

 

 

 こうなったら

更に楽しい生活にしていこう。

 

 

中途半端にするな!と

とことん容赦なしの銀ちゃん。

 

 

面白い

やってやろーじゃねーか

 

 

 

どんどん自由化していっております!